蔵の耐震診断

 最近、古めの建物の耐震診断の相談が多いです。先月相談受けたのは何と蔵。しかも店蔵です。通常の蔵と構造が違うのでちょっと面食らいます。バランスが・・・悪いのです。長辺方向に大きな開口部(店の玄関ですから)があり裏側の開口は小さいです。分厚い土壁の状態があまり良くない代わりに、屋根は軽量化してあります。改造してあり、そのときの調査・工事資料から丁寧に診断方法と荷重計算などを行って準備しています。開口部を作る大きな柱は、スパンも飛んでおりますが、鉛直強度的には十分。しかし地震力がね・・・・。明らかに耐震性不足です。何しろ整形(長方形)で、使っている部材も特定されておりますのでわかりやすいですが・・・。診断法の選択も慎重に行わなければなりません。
 丁寧な作業が必要です。現地診断までいろいろ準備が必要です。
[`evernote` not found]
LINEで送る