構造設計者必須のアイテムなのかCroscope!

 今日、構造トレインNZXの申込書を作っていました。JWWやDWGやDRAなんとかのファイル毎に作ります。こういうとき、昔は結構大変だったのですが、今はCroscopeがあるので、非常に楽です。構造屋さんも意匠屋さんの様々なCADに対応しなければならないので大変ですね。事実、本舗は、CADを揃える費用は経営を圧迫しかねません(社長が浪費しているだけだろ??)。
 そんなときCroscopeがあれば非常に便利です。JWWやDWG、DXFの変換が自由にできます。PDFにも変換できますから自由度は高いです。もちろんDRA-CADの各形式にも対応します。そしてJPEGにも変換できるので、ホームページを作るときも重宝しますね。このような多機能変換ソフトがあると、いろいろ便利です。特に構造屋さんは便利でしょうね。ネットで送られてくるファイルを一つのソフトで管理できますからね。ビューアーとしても便利ですから変換以外にも活用できます。


PDFを含む多種の画像データ、CADデータに対応した統合型多機能ビューア。【ポイント2倍】【送料無料】FMシステム Croscope【Win版】 CROSCOPEW [CROSCOPEW]
 あえて、某ショップは紹介しません!

[`evernote` not found]
LINEで送る