アーキトレンドZのリフォームエディション

 はい。予告通りいらっしゃいました。福井コンピュータのK氏。そういえば彼は営業だった・・・。いつも行事を手伝ってもらったりしていたので、すっかり忘れていました。
 というわけで、まじめに(彼はいつもまじめです)説明を受ける。正直な話、よく研究されて作っているのはわかるのですが、未完成感が漂うんですよね>リフォームエディション。リフォーム屋さんの全需要を満たそうとして、逆に中途半端感とアーキトレンドからとってきた感がありまして。一から設計したものでないので仕方がありません。
 しかし、逆手にとって見れば、それが魅力的でもあります。平面図や立面図はアーキトレンドの同バージョンと互換性があります(断面図は駄目!)。だから通常版とリフォームエディションの2台使いなら、ヘビー用途でなければ、使い分けしないで複数人で使えるのです。同じもの2台よりは幅が広がるのもポイントです。リフォームエディションは、現況図、耐震診断、内装シミュレーション、パース作成など、単体のアーキトレンドZに比べても、違った機能が標準で装備されています。しかもマスタは共用できるのでかなり便利です。しかも現況図コマンドはすごい便利。下図の取り込みや、内法からの現況図作成などです。まだまだ荒削りですが、アーキトレンドZの完成度を随所に取り入れていて機能的には不満が少ないです。今後、ユーザーからの声を聞いて進化していくと思います。次期バージョンについても何となく耳に挟みましたが(誰から聞いたんだ??)なかなか期待が持てます。
 いうまでもなくCADは作業の効率化に使うものです。その効率性アップに対してお金を払うわけで、設計力がアップするわけではありません。でもソフトウェア好きな私にとっては使ってみたい!と思ってしまいます。ほとんど病気なのかもしれません。・・・で買うのか??
[`evernote` not found]
LINEで送る