SAVE-建築にArchiCADエクスポートファイル取り込み機能

 PAL計算、省エネ計算でお馴染みのSAVE-建築で、IFCファイルのインポートが可能になりました。ArchiCADからのエクスポートされるIFC(
IFC 2x3)ファイルで形状をインストール出来るみたいです。部屋形状と開口データだそうです。ついにDRA-CADを見捨てたのかな???
 というより、ArchiCADはBIMソフトですし、建築ピボットも早く自前のBIMソフトを出せという話なんでしょうか???よく分かりませんが、IFCができるなら、他のソフトも出来そうですね。現在、DRA-CADやJWWは、2次元での利用が大半であるので、元からあるCAD図面を読み込んで、トレース・・・という形のほうが実際は扱いやすいのかもしれません。
 もっともSAVE-建築のモデリング機能がもう少し・・・ということなのかもしれませんね。
 省エネ計算は今後、必須の技術になりそうです。今から勉強しておかなければ・・・。
[`evernote` not found]
LINEで送る