PAL計算に連携するためのBIMモデリングガイド(GLOOBE2012編)

 建築ピボットの省エネ計算ソフト、SAVE-建築のPAL計算でIFCファイルのインポートが可能になり、福井コンピュータのBIMソフトGLOOBE2012からエクスポートされるIFCファイルを取り込むことができるようになりました。ってそのためのモデリングガイドが発行されました。5月上旬にはArchiCAD15版も発行していますね。他社のに対抗するのはいいのですけど、建築ピボットは自社でBIMソフトを出す気はないんですかね??せっかくDRA-CADなど資産が豊富なのにもったいない。SAVEシリーズだってライバルが少ないが良いソフトなんですからねえ。まあ、他社のBIMに対応しているのだから、よしとしなければいけませんね。
[`evernote` not found]
LINEで送る