Windows8のReleasePreview版は6月公開

 よく分からないと思ったReleasePreviewとは、RC版に相当するそうです。つまり、発売日が確実に近くなったと言うことです。
 何の話かというと、すっかり話題にならないけど、未だ主流のOSであるWindowsの最新バージョンWindows8の話です。個人的にWindows7は、Windows史上で2番目に良いOSだと思っていますが(1番はWindows95 OSR2.1)、私の周囲では食わずぎらいが多く、未だXPを使っています。私の会社はすでにWindows7化は完了しており、個人のPCもWindows7ですから。そんな大好きなOSの後継機なんですけどね・・・。注目度がイマイチ。
 そういえば、Windows95の次のOSであるWindows98はUSBを完全に使えるようになった現在のWindowsの使い方が定着したOSでした。しかし次のMEでその系譜は消え、Window2000系が現在のWindowsの先祖です。ということは、Windows8は最後のWindowsなのかもしれません。
 もっとも新たな試みが多いWindows8が、出発点になるかもしれません。膨大なソフトウェアの資産も、クラウドが業務に定着すると、アドバンテージがなくなるかもしれません。
 何しろ私はMS-DOSからの乗り換えも時期を誤ったし、主流になるソフトの読み誤り方も半端じゃないので、今は予想しないように・・・と思っています。
[`evernote` not found]
LINEで送る