木造耐震改修工事標準図(2011年版)

 一般社団法人東京都建築士事務所協会では、木造耐震補強の標準図を完成しVectorでダウンロード販売を開始しました(だから某ショップでは買えません)。価格は3150円。A3用紙3枚分で、AutoCADやJWW、DRACAD形式のCADファイルが含まれています。ちなみに事務所協会会員は安価に入手できます。コピーさせて!と言う人がいると思いますが、仕事で使う大切な道具を無料で手に入れるような悲しい精神はプロとしていかがなものか?必要な人は購入しましょう。

木造耐震改修工事標準図(2011年版)(Vector)

[`evernote` not found]
LINEで送る

木造耐震改修工事標準図(2011年版)” への1件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    この耐震改修ということ自体が違和感ありありなんですよね。
    こないだ近所の商店街で新築そっくりさんの営業をしていたので話を聴いたところ、あくまで耐震改修の基準は上物(建物)を使用規定の耐力壁・バランス・金物を適合させるレベルだとか、つまり基礎はどんなにグズグズでもよいとか?
    そんな矛盾にどうしても納得のいかない私は耐震改修の仕事は出来ません。

    なんだか国交省・行政の中途半端で安易なルールに乗って仕事する気にはなれないので・・

    近い将来ヤングリタイアも検討しているくらいですから・・

    >木造耐震改修工事標準図(2011年版) 木造耐震補強の標準図を完成しVectorでダウンロード販売を開始
    ⇒出来れば設計者のみんなが自分なりの工事標準図を作るべきなのかな?なんて思ったりします。

コメントは受け付けていません。