木造の構造計算ソフトの次期の選定

 私の事務所では長年、木造構造計算ソフトはkizukuriを使い続けています。特別なことがない限りkizukuriを使います。やはり使い慣れたツールは大切です。
 ただこのブログでも書いている通り、HOUSE-ST1がかなり実用に近い形になってきている上、斜め壁などkizukuriを部分的に超えた機能も搭載しています。同じ事はStrdesignにもいえます。そこで現在、アーキトレンドZ構造計算も含め、次期の主力の計算ソフトの選定を行っています。
 そもそも小さな設計事務所に4つの計算ソフトがあるということが問題なのかもしれません。経費節減のためにも何か削らないと・・・とは思うのですが一度買ったソフトには愛着があるので・・・。さてどうしたものか・・・。
[`evernote` not found]
LINEで送る