CMS011にみる図面スキャナーに必要な解像度


【送料無料】【サンワサプライ直営店】スタンドスキャナー(USB書画カメラ)【WEB限定品】【あす楽対応】
 サンワサプライのA4サイズのスタンドスキャナー。本であろうと辞書であろうとスキャニングできます。まあ上から撮影しているだけなんですけど。つまりデジカメですね。A4までしかできないのが残念ですが、それなら図面を同様に撮影できるシステムを作るには?と考えてしまいますね。
 この商品の解像度は300万画素。CMOSセンサーですし超小型ですので、おそらくWEBカメラの流用でしょう。レンズも優秀なものとは思えませんね。
 これを基準として考えるとA3は600万画素、A2は1200万画素、A1は2400万画素ということになります。A2の1200万画素は現在のデジタル一眼レフなら楽勝ですね。コンパクトデジカメでも勝っている物があります。レンズは一眼ならもちろん優秀です。ゆがみなどの補正をしてくれるソフトもありますので、固定方法次第では図面のスキャニングは十分可能だと感じます。
 A1だと2400万画素。レンズの撮影範囲や距離などからかなり難易度があがりそうです。ニコンのD7000だと1690万画素、キャノンの60Dだと1800万画素。画素数だと若干足りなさそうです。フルサイズだとキャノンのEOS-1Ds Mark3だと2110万画素です。つまり単純に画素数だけですが、A1だと現行のデジカメだと若干厳しそうです。しかしA1のスキャナーは安い物でも40万円程度しますし、1枚もののスキャンしかできません。それを考えると小型軽量でカメラにもなる(当たり前か)ので、デジタル一眼をスキャナ代わりに使うというのは、良い選択なのかもしれません。しかもカラーも撮影できます。
 シートなのでピント合わせが難しいかもしれません。上から撮影するにしろ、横から撮影するにしろ、液晶が可動式のほうが便利でしょうね。するとニコンのD5100やEOS KISS X5や60Dなどに、よいレンズをつける、というのが良い選択かもしれません。
 
[`evernote` not found]
LINEで送る