余震はまだくるか?

 余震が少なくなった・・・と思ったら津波を伴う大きな地震が・・・。いったいいつになったら安心できるのか??まあ地震列島ですから共存するしかないのですが・・・。
 ちなみに、今回の地震と比較されることが多い明治三陸地震(このときも大津波だった)の記録を見ると、やはり長期にわたって余震などが発生している。しかも近辺では大きめの地震が連続で発生している。やはり油断はできない。ちなみに明治三陸地震で関連すると思われる地震は、
・陸羽地震(明治三陸地震の2ヶ月後) 秋田・岩手の県境付近 M7.2程度
・宮城県沖地震(8ヶ月後) 震源よりだいぶ南。M7.2程度
・宮城県沖地震(1年10ヶ月後) 震源よりだいぶ南。M7.2程度
 まあ、宮城県沖は地震の巣だから関係ないかも?という気分だが・・・。

 その後の昭和三陸地震(こちらはイメージ薄いですねえ)は昭和8年、M8.1とやっぱり巨大。明治三陸地震より揺れたようだが被害はそれほど大きくなかった。それでも死者行方不明者は3000人を数えたみたいです。その後はチリの地震で津波の影響を受けたりしたものの、比較的長期間、三陸沖に大きな津波はきていなかったみたいです。

 津波も地震も怖いです。いつになったら大丈夫か?という問いの答えはないと思います。少なくとも被災地だけでなく、離れたところでもまだまだ大きな地震が発生する確率は高いようです。気をつけなければ・・・。

[`evernote` not found]
LINEで送る