オリンパスからE-P3登場

 現在のミラーレス一眼?デジタルカメラの流行を作ったのはオリンパスのE-P1だと思っています。その古典的だが秀逸なデザインでかなり話題になりましたね。その後安価なE-PLシリーズばかり・・・と思ってたら後継機がでましたねえ。E-P3!!
 
 当然フラッグシップ機と位置づけられています。外観も作り込まれていますし、高級感もありますねえ。要望が多かったと思われる内蔵フラッシュを搭載。そのせいかデザインが・・・という人も多いでしょうけど、使ってなんぼのデジカメです。私は素直に評価します。FAST AFシステムを搭載してピント合わせが高速になったそうです。他にも機能アップしています。動画はフルハイビジョンにようやく対応。液晶も有機ELのタッチパネルタイプを搭載。グリップも交換できるようになりカスタマイズが可能など、デザイン面も含めよく考えられたシステムになっているようです。感度もISO12800まで可能なようです。だいぶ良い感じです。使い勝手は実際に触ってみないとわかりませんが、だいぶ「欲しい」と思える内容になったみたいです。E-PLシリーズの外観に不満な方は検討してみる価値はあると思います。
[`evernote` not found]
LINEで送る