DocuPrint C5000d

 富士ゼロックスのカラープリンターのフラッグシップ機DocuPrint C5000dが発売になります。価格はなんと428000円!A3のページプリンタなんて10万もあれば買えるし、インクジェットのA3複合機が普及し始めた時代に単体プリンターなんて・・・と思いますが、今の時代だからこそ!という感じがあります。
 なんといっても速度がカラー50枚/分!!!モノクロ50枚/分!!!!という高速プリント。そしてクラストップレベルの省エネを実現しています。また複合機でないから、小型化できています。また同社のApeosPortシリーズと共通のプラットホームなので、高度な情報漏洩対策や出力管理が可能です。そして複合機と同じようなオプション、例えば4640枚!!まで可能な大量給紙が可能なトレイモジュールオプション、ホチキス止め、パンチ、中とじ/折り目付け機能など可能なフィニッシャーオプションなどなど、高級な複合機と同等なオプションを用意しています。確かに価格は高いですが、複合機1台でプリントが足りなくなったとき、複合機を増やすよりも圧倒的に効率的ですし安いです。また地震対策キットも発売されており、安心して設置できます。またAdobe PostScript3キットなどもオプションで用意されており、用途に応じて様々な使い方が考えられます。
 久々にそそるページプリンターです。私だったら(複合機があるので)、本体と増設メモリー(1GB)と3トレーモジュール、小サイズ給紙トレイと、中とじフィニッシャーC1とパンチユニット、PostScript3キットを組み合わせて使うな~。これだけ豪華に揃えても120万円程度ですからねえ。単体プリンタで買うのは損ですが、この組み合わせだとむしろ安価に感じてしまいますねえ。まあうちの事務所では複合機1台でも酷使できていないのですから、購入する可能性は低いのですが・・・。
[`evernote` not found]
LINEで送る