BIMのGlOOBEとSIRCADと連携

 福井コンピュータの国産BIMソフトのGLOOBEとSIRCADのデータ連係が可能になりました。SS3やBUS、SEIN-La CREAなどの構造計算ソフトで計算した構造計算データをSIR CADで読み込み、GLOOBEに転送することで、設計初期段階から意匠と構造の統合が可能になり、設計業務の大幅な効率化と省力化を実現することが可能・・・・・・・・

 だそうです。まあBIMの普及は、かなり昔から騒がれていましたが、それほど普及していませんし、この手の連動の話は昔からありましたが、実際効率化しきれているか?は疑問です。まあゼネコンや大手設計事務所の動きを見る限り動き出していることは確かなんでしょうけど。日本はこの分野は遅れています。それは設計事務所が遅れているということだけでなく、様々な部分でいろいろなしがらみが・・・。しかし国産ソフトで、このようなことが行われるようになると、案外、スムーズに動き出すかもしれません。私の事務所のように、住宅でも構造設計から意匠設計をコントロールするシステムを持っていれば、このような連携はより重要になるのかもしれません。
 ちなみに、SIRCADは持っているし、GLOOBEは持っていないものの、アーキトレンドZの古くからのユーザーなので、ちょっとお話を聞いてこようかと思います。

[`evernote` not found]
LINEで送る