木造住宅の耐震性も多方向から

 今回の東日本大震災ですが、木造住宅の地震の揺れによる倒壊のニュースは少ないです。もちろん原発と津波というとんでもないニュースが多いのでマスコミが取り上げるのが少ないというのもあるのですが。
 先日仙台に入るとき、東北自動車道から周囲の住宅を見ました。仙台に近い福島県のあたりから、かなりのブルーシートを見ることができました。瓦が落ちたり、屋根が損傷している証拠です。すでに一ヶ月経っていますが、まだ本格的な補修はできていないようです。しかし倒壊した家屋は本当に少ないようです。あれほどの地震なのですが、どうやら木造住宅が倒れやすい周期の地震ではなかったようです。もちろん最近の木造住宅は耐震性が上がっていますから、全体的に見れば建物強度の向上のおかげともいえます。しかしこの「未曾有の大震災」で無事だからって大丈夫というわけではありません。特に大丈夫に見えても内部的にダメージを負っている可能性もあります。余震で徐々にダメージを受けることもあります。やはりちゃんとチェックしなきゃね・・・屋根も補修できない状態では難しいとは思いますが。逆に関東地方など軽微な被害の地方でも地盤等の影響で揺れやすかった地域もあるようなので、大丈夫と思わず、耐震診断やら住宅健康診断やらを受けてチェックしたほうがいいと感じます。
[`evernote` not found]
LINEで送る