ニコンが!D5100発表!!!

 はい。一眼レフファンには大ニュースです。あのニコンがD5100を発表しました。発売は4月21日頃、予想実売価格は8万円前後です。
 まったく期待をもたせそうもない型番ですが・・・D5000のマイナーチェンジか?と思ったら大違いです。
 まず素子が1620万画素にアップ。そんなものどうでも良いだろう!というかもしれませんが、これD7000相当(同じかどうかは不明)!だから感度も拡張でISO25600まで設定できる!!この素子はペンタの一眼でも超高感度高画質を実現しているものと同様のものと思われるので期待度大です。
 しかも当たり前のようにバリアングル液晶。しかもD5000の??とは違い横方向に開き上90度、下180度回転と実用性がアップしました。液晶も3型92万ドットと十分な性能になりました。どこかのメーカーみたいにフォトレタッチしてミニチュアのように撮影できるモードもつきました。HDR機能も搭載しました。動画もフルHD対応。AFが利用可能らしい。しかも「ナイトビジョン」という超高感度撮影モード(ISO102400!!!)もあるそうです。あとオリンパスに続き動画でミニチュア効果も撮影できるみたいです。本当にニコン?と思えるカメラですねえ。完全にC社の60D対抗の機種ですかね??でも・・・
 まあ、しょせんD5000の系譜という部分も残っています。ファインダーはペンタミラーだし、倍率は約0.78倍と初心者カメラレベル。
 と考えてもこの高感度は天文にも向くかもしれません。某カメラの欠点を払拭してくれていれば・・・ですが。重さも510gと軽く天文用の主流になるかも?という期待を抱かせてくれます。しかも多機能で楽しそうなカメラってのもいいかも。ニコンが作ると怖いけど・・・。
[`evernote` not found]
LINEで送る