停電時作業用のパソコン導入。

 被災地の大変さもわかるのですが、計画停電も結構困っている方多いのではないでしょうか?またガソリン不足も・・・。私は地震発生時ガソリンはほぼゼロ!でしたが、幸い社員を送っていく途中でガソリンを満タンにしたので、今は問題ありません。ほぼ車を使わないで仕事も日常もこなせますから。というラッキーがありましたが、送って行っていなかったら今頃大変でしたでしょうね。
 計画停電は打撃が大きく、仕事できる時間がかなり減りました。サーバーにはUPSがついているのですが、他はディスクトップなのでそうはいきません。よって計画時間になったら落とさねばならず、必要以上に時間がなくなりました。
 そこで、意匠設計用と構造計算用の非常時用にパソコンを買いに行きました。幸い私のレッツノートはなんとか動きますので、M用とY用です。
 電池が持って・・・というパソコンは既に品薄。幸いいいものを見つけました。予算は完全にオーバーでしたが自腹を切って購入。ASUSのEeePC 1015PEMが構造用。かなり割り切ったパソコンですが小型ですし、バッテリーが鬼のようにもちます。Officeも2年限定でついてきますし、いうことなしです。
 意匠用は東芝のDynabook R730!いろいろいわれている機種ではありますが、軽いし薄いし速い!メモリも4G積んでいますので、意匠用として長く使えそうです。バッテリーもそれなりに持ちますし。両機種とも停電時には威力を発揮してくれそうです。
 停電時の通信はE-mobileのPocket wifi。計画停電時にも安定してネット接続してくれました。速度的にもまともです。wimaxが停電時に使えなかったことが多かったそうなので、当面はこれをルーター代わりにして接続していこうと思います。
 これらのノートパソコンは停電時にストップさせなくていいので、効率が非常にあがります。既に品薄でしたので、買えて良かったです。まあこんなのに頼らなくてもいい感じになって欲しいものですが・・・。
[`evernote` not found]
LINEで送る