ファイラーの重要さ

 さっきのブログでも書いたように複数の物件を処理していると、標準のエクスプローラやDocuWorksでデフォルトだと厳しいです。やはりタブタイプで、履歴保存ができるタイプでないと、素早く作業できません。DocuWorksは単体起動しかできないので、DocuWorksフォルダを複数表示できるビューアじゃないと仕事になりません。もちろんスピードと安定性が最重要です・・・。しかし私の理想のものは少ないです。なので複数の使い分けが必要です。
 仕事で使っているパソコンで使っているのは、
・エクスプローラ(標準)
・X-Finder
・まめFile5
・Vix
・DocuWorks
です。基本、DocuWorksはFax受信にも使うので、メイン作業とFax受信ができるようにセットしています。X-Finderは計算書など参照用にしています。標準でタブ履歴を保存してくれますし、サムネイルも比較的速度が速いです。ちょっと安定性に欠けますが・・・。まめFile5は多機能です。速度が若干・・・ということもありますが、X-Finderより安定性も高く、カスタマイズがしやすいのでエクスプローラの置き換えには最適だと思います。Vixは単純にビューアとして使っています。JWWやDRA-CADやAutoCADの図面もSusieプラグインで使えるので、使い道が広がります。
 ファイラーを使い分けるのは、落ちたときの作業性の問題もあります。少しでも時間を節約したいですから。
[`evernote` not found]
LINEで送る