電子書籍の商品化へのハードル

 私の事務所では本格的に電子書籍の制作を事業化しようと検討しています。すでにPDFでのマニュアル作成に関しては費用回収が完了しているのですが、更に設備投資をして回収できるかは経営者としては疑問です。何よりも先が見えないからやらない、は小さい企業にとっては生き残り策を捨てるようなもので、多少のリスクをおかしても、チャレンジしていく精神がないと駄目です。まあ無謀なのが一番駄目なのですが。
 まあ、今一番悩むのが、どのフォーマットに対応するように方針づけるか?です。もちろんEPUBが最優先なんでしょうけど、ちょっと不明な点も多い。私が扱うようなものだとレイアウトが崩れやすい欠点をどうするかも悩み。PDFが一番メジャーですが、小さな端末向けではないし・・・。XMDFは一番日本語にあうが、肝心の作る環境が整っていない・・・。もうしばらく待ってみますか?
[`evernote` not found]
LINEで送る