GA-P55A-UD3R

 会社のパソコンをセットアップしている間が暇なので、初のGIGABYTEのマザーを使って、以前の主力機を修理しました。マザーボードがやられていただけと判明したので、マザーだけを購入。他の部品はCore i7をはじめまったく同じ構成です。このマザーは、USB給電が強いことが有名ですが、SATAもアップしています。まあ私にはあまり関係ないのですが。私はASUSばかり使っていたので心配でした。ASUSは10枚以上使っていたし、今もメジャーメーカーであり続けてくれるありがたい存在です。でも今回はふらふらとGIGABYTE。こちらも私が自作をしていた頃から有名な老舗です。

GIGABYTEGA-P55A-UD3R (Rev2)【ポイント倍付1028】
 30分くらいかけて、組み立て。最近のパソコンって本当に簡単だな。でも初のインテル系CPUの組み立てだったのでかなり緊張。といっても要領は同じ。でもこのマザー、電源を安定させるためか、ATX 12Vが8ピンになっていて頭が痛い。4ピンを後半にさしてあっさり起動させる。悲しいことに各アダプターは標準で認識しなかったらしく、GIGABYTEのCDをいれてインストール。この手のものは過去に何度もトラブったので嫌なのですが。特に初めてのメーカーだったので。でも雑誌などで読んでいたものばかりだったので少々安心。隣では会社のパソコンのセットアップ。こっちは楽ちん。じゃじゃ馬なアーキトレンドZのインストールも楽になったし、DocuWorksも所有ライセンス数にものを言わせてインストール(あと一台で終わりだな・・・)。
 この主力機が直ると、我が家にAtom機を持ち帰れるだけでなく、レンダリングや創造作業が非常に楽になります。新主力機のLS550も悪くないけど、やっぱり力不足は否めない。早く調整して仕事を片付けたいものです。
[`evernote` not found]
LINEで送る