オリンパスよりフォーサーズフラッグシップ「E-5」発表

 カメラはオリンパスファン。天文用に長く使ったOM-1(古い!もう使ってません)や、植物撮影で使い続けているE-300(デジカメとしては古い)をはじめ多数使ってきました。最近ではマイクロフォーサーズという規格が人気のようで、正統派はもう出ないのかな?と思っていたら、フラッグシップ機「E-5」が発表になりました。絶対に買わないクラスの機種ですが、これが出るということは廉価機もでるということでしょ??楽しみです。
 もっともこのカメラ。結構ほしいです。防塵防滴性能は私にとってはかなり重要性の高い機能ですから。動画も使えるみたいだし、アートフィルターも使えるのもうれしいです。当たり前ですがファインダーもついています。液晶モニターでのライブビューも可能で天文用・植物用にも申し分ないです。内蔵ストロボも搭載されいざというときは使えそうです。デュアルスロットというのもうれしい。CFとSDというありがたい使用です。xDは省略されたそうです。
 よく考えればE-3が2007年秋に発売されたわけでハイエンドは約3年もほったらかしになっていたのです。マイクロフォーサーズを除けば、最後のフォーサーズもE-620で1年半前。でもカメラって本来あまり新製品が出ないものだと思っていました。画質的にも十分過ぎるわけで、個人的にE-300でも十分かも??ってわけで商品寿命が長いほうが幸せです。
 親父のE-510を触ると軽量だし、手ぶれ補正があるし・・・。これいいな!と思いましたが、E-620ではあまり感じません。やはりカメラとしてのデジタル一眼は完成度が高くもうそれほど機能アップは必要ないのかもしれませんね。
[`evernote` not found]
LINEで送る