過去のPDAを振り返る

珍しく12時すぎまで仕事をしました。たまにはいいでしょう。今週は構造計算だけで二桁あるからねえ・・・。
 さて、過去のノートパソコンをブログに書いて懐かしかったので、今度はPDA。

 ※モバイルZ(NTTドコモ)
 モバイルギア(WinCE MC/R550)
 Palm m100(パーム)
 Clie PEG-S500C(ソニー)
 ※iPAQ H3630
 ※iPAQ h1920
 ※iPAQ h2210
 ※Emonster

※印は、現存

 私は整理整頓ができず、スケジュール管理もしません(なのに遅刻しない)。もう少し計画的に生きようと手帳を使いましたが、一年間継続して使い続けたことはない・・・ということでPDAを購入し管理しようとしたのですが・・・。
 モバイルZはシャープのザウルスをドコモの携帯で使えるようにした画期的なPDA。当時通信料が高かったが、10円メールなど便利なサービスがあり、非常に重宝しました。パソコン通信もでき、大阪時代に長年活躍しました。PDAとしてはピカ一だと思います。次のPalmは、ザウルスの漢字入力に疲れてもっと直感的なものはないか?と探して購入しました。当時パソコン販売店に勤めていたので、そこで購入。非常に使いやすくこちらも長く現役でした。ソフトウェアがインストールできるので、かなりいじりましたね。今現在のPDAより絶対いいです。通信ができない以外は。Clieはカラーで通信ができるものが欲しかったので購入。しかし画面が見にくい、動作は良くない、とm100以下の使い心地。多機能が快適ではないことをはじめて知りました。すぐ転売。東京に戻ってからはiPAQを立て続けに3台。非常に使い勝手もよく活躍してくれました。しかし大阪時代に比べ外出も減り、活躍機会はそれほど多くはありませんでした。Emonsterでスマートフォンの便利さを味わい、引退しています。
 さて、その中でも名機中の名機で、一番活躍したのはモバイルギアでした。約10万円もしたけど、使い勝手その他最高でした。とにかくキーボードがよく、バッテリーももち、文章をたくさんつくる私に最適でした。インターネットなどもできましたし大きさも手ごろ。今でも欲しいです。残念ながらバッテリーが切れて5年前に手放しました。スピードをアップしてまた出て欲しいです。

[`evernote` not found]
LINEで送る