じゃじゃ馬のmoodle

 最近、無料体験版の効果もあり、構造トレインスクールが軌道にのってきました。多くの方から「無料版まだ?」と聞かれました。出したくても出せない理由があったのです。それは・・・「moodleで講座のコピーをすると、画像とかのタグがすべて文字として出力されてしまうから!」です。いい方法がないか、いろいろ試したのですが、無理でした。よって、コピーしてから、タグを一から打ち直しました(涙)。現在力学は無料体験版を公開していますが、木造構造計算のほうは、いつになることやら・・・。他にも海外のソフトらしい難点が散見され、ユーザーが増えてきたらどうするかな??とちょっと不安。ファーストサーバでは、一台まるごと借りられるレンタルサーバーのプランも安くなってきたので(私のお店は取次店です)、考えようかな?また動画配信の専用サーバーを立てれば、更に充実したコンテンツを考えられるのでそちらも考えています。まあそのうちです。富士ゼロックスを始め、eラーニングのシステムを構築してくれる会社は結構あります。そういうのが必要にならない程度に発展してくれればな、と感じています。
 今週は、HOUSE-ST1で始める木造構造計算(2009年版)のリリースやN値計算の講座のリリース、補強ごっこのデバッグ作業などもあり、完全に缶詰状態・・・。来週は遅れていたアーキトレンド構造計算の手引きの改訂作業や、構造トレインスクールの鉄骨造の仕様書の締め切りなどもあり、しばらくはこの状態が続くかな?という感じです。
[`evernote` not found]
LINEで送る