アーキトレンドとストラデザインの連携

 うちの事務所の取引先はアーキトレンドが多いです。というのも、うちの事務所が積極宣伝して買わした過去があるのと、アーキトレンドのデータを読み込めますよと宣伝していたこともある。もちろんアーキトレンドのシェアは高いと思うのだが、うちの顧客の所有率はそれをはるかに上回っていると思う。
 さて、構造依頼もアーキトレンドデータということも多い。しかしアーキトレンドの構造計算で計算が出来るほど簡易な建物は少なく、結局はkizukuriやHOUSE-ST1で計算してしまう現状、少しでも楽に出来ないか?ということでアーキトレンドのデータを読み込めるストラデザインで実験してみました。
 ストラデザインにはアーキトレンドのデータをストラデザインで読み込めるように変換するソフトが、ソフトインストールCD内に入っています(通常のインストールではインストールされません)
FXSTRCNV
 これが、アーキトレンドからストラデザインへの変換画面。使い勝手は説明がいらないくらいシンプル。ただし、アーキトレンドのデータをそのまま読み込めるわけではなくアーキトレンドユーティリティでFX形式に変換してからでないと駄目なようです。

アーキトレンドユーティリティ
 これはZのVer3の付属のユーティリティの画面。

FX変換後平面図
 変換したものをストラデザインで読み込んだもの。変換されるものは少ない。部屋の区画や柱など。梁などは転送されない。それでも一から書くよりは早い

FX軸組
 屋根の勾配などもとりあえずわかる。複雑な形状のものは威力を発揮するかも。

 従来は、DXFの図面を下図に入力していたのですが、どちらがいいと聞かれると微妙です。最近、どこの構造屋も業務効率のアップを本気で考えているようですが、市販のソフトを使っての合理化はすぐに大きな壁にぶつかってしまいますね。単体の機能がかなりアップしているので、あとは使うほうがどう使うかにかかっているのではないでしょうか??

[`evernote` not found]
LINEで送る