kizukuriバージョンアップ

 木造構造計算ソフトのkizukuriが久々に大きくバージョンアップ!!
 嬉しいことに、住木センターの書式にようやく対応しました。めり込み用の土台プレートや合わせ柱に対応しました。
 早速使ってみましたが、概要書の出力も少し使いやすくなりました。しかし図に表題がつかなかったり、一部??の部分も残ります。また修正してくれるでしょう。まだそのまま使うには難しい部分が残りましたが、構造上の特徴や構造計算方針が、自由に編集できるようになれば私的には問題なしです。そんなことよりも使い勝手が非常に良いので気に入っています。
 最近、マニュアルを書いたり機能比較のためにアーキトレンドZ構造計算や、HOUSE-ST1を使うことが多いのですが、一番はじめに覚えたせいか、やはりkizukuriが一番手に馴染みます。構造設計者の創意工夫などがしやすいというのが嬉しいです。やはり入力したらそのまま答えが出ます的な構造計算ソフトは抵抗を覚えます。
 ただ、kizukuriの青本形式の計算方法はそろそろ卒業しようと思っています。意匠屋さんやプレカット屋さん、ハウスビルダーさんと協力して、様々な方法を探っていますが、やはり安全な設計にはグレー本形式がいいと感じます。建てられる建物の制限は多いものの、それは仕方がないと思っています。ただ、グレー本も改訂される予定なので、それまで勉強しておいて、改訂してから完全に切り替えようと思っています。
[`evernote` not found]
LINEで送る