ストラデザイン・アーキトレンドZ・HOUSE-ST1・kizukuri

 久々に、木造構造計算4つでの計算結果の差異の仕事が入った。同じ物件を4つの計算ソフトで計算して結果などを比較するというもの。この手の仕事は、構造技術的に意味はないが、普段気がつかない差異など気がつくのに十分な資料を与えてくれるので好きです。
 というわけで、今回使ったのはタイトルの4つ。まず、アーキトレンドZの意匠機能で、意匠図を書き、そのまま構造図を書いて計算。最近のバージョンアップで随分使いやすくなりました。構造検討も楽になりました。このままプレカットに流せるらしいので、今後活用していきたいと思います。次に、アーキトレンドZのデータをストラ付属のツールでストラデザインに転送。柱とか部屋情報しか転送できませんが、これは十分省力化になります。壁を入れて梁を入れて・・・。最近面倒なので構造自動ツールを使ってしまうことが多いが、今日は暇なので手入力。整形の建物の場合ストラデザインはそれほど時間がかならなくなりました。あとの二つは転送ができないので、一から入力。HOUSE-ST1は構造図が決定していればかなり早く計算が終わる計算ソフトです。検討機能が貧弱ですが今回は他のソフトで大体検討がついているので楽でした。入力項目は前の二つの半分以下。計算結果もほとんど変わらないので、前の二つでの検討が億劫の場合、このソフトで検討してみると楽かも??もっとも標準計算法しか対応していないので、詳細計算法を使う方には向かない。私は標準計算法がメインなのであまり関係ないが。最後にkizukuri。このソフトを最後にしたのは、このソフトが一番慣れているから。HOUSE-ST1に比べても早く終わる。一日で4本使い分けるのは正直ハードでした。
 楽しかったので仕事を忘れてしもうた!計算するのが仕事じゃなかったよね??今からレポート書かねば・・・。
 そういえば今日職業聞かれて、「ショップの店長!」って答えていました。でもまだまだ構造屋さんとしても頑張らねば。最近ショップが好調なので、すっかり店長になっていましたが構造計算や構造設計をやりたいという人のきっかけを作る仕事が残っていたのですよね。3,4月で飛躍的に腕を磨いた(自分でいうな)ので、そろそろ実戦に戻りましょうか・・・。
[`evernote` not found]
LINEで送る