ARCHITREND Z(Ver3)はすごい!?

 今日は、昔からお世話になっている福井コンピュータの営業の方がいらっしゃいました。同社の建築CADのARCHITRENDZがバージョンアップするのでその説明及び情報交換。構造もそうだが、意匠も建築基準法改正でいろいろ変わって手間が増えている。ARCHITRENDZの今度のバージョンはその手間を軽減する機能が満載されている。図面整合性チェック機能はうっかりのミスを防ぐ意味で非常に効果的そうだ。構造図関連の非常に機能アップしており、スパン表による断面寸法設定や伏図アシスタントなど構造図を書くときに便利な機能が満載。しかも今まで別動作だった構造計算プログラムの同ソフト内で動くようになり非常に利便性がアップしました。構造パースは今までもきれいだったが、筋かい連動、金物描画など更に現実的になりました。他にも定評のあるプレゼン機能がアップしWiiリモコン(別売)に対応したり、家相チェック機能なども別売で用意されるようになりました。導入費が非常に高く、年間サポートも非常に高いのがネックですが、それなりのことはありますね。
 12月20日発売のようです。今から楽しみです。
[`evernote` not found]
LINEで送る