新潟県中越地震からもうすぐ2年

 もうそんなに経つのですね。2004年の10月23日(土)の午後5時56分に発生したこの地震は最大震度7という非常に大きな地震でした。余震が非常に多く、交通が遮断され、川がせき止められダム状になったりもしました。新幹線も脱線しました。非常に印象の強い地震でした。私も3月に現地に行って被害状況を確認してきました。
 さて、2年前の当日の記憶は残っています。土曜日に久々にお休みを貰った私は、自宅でゴロゴロして、6時から始まる「ガンダムSEED DESTINY」を見るためテレビをつけました。確か初回か第2回だったと思う。ちなみに私は初代ガンダムもその他のガンダムもテレビ放映中に見たことはなく、このシリーズが初めてテレビで見ようとおもったシリーズでした。私も設計の仕事になれ軌道に載ったころなので今と違ってゆったりしていました。
 その放送が始まる数分前、いきなり部屋が揺れ始めました。引っ越し魔の私は数々のアパートを引越しましたが、その当時住んでいたのは鉄筋コンクリート造のワンルーム。少々の地震では不安にはなりませんが、それなりに揺れたのを覚えています。正直かなり不安になりました。まあ東京直下の地震ではないし生活には支障はない・・・と判断した私はテレビ画面を見続けました。
 するとすぐに地震速報が・・・というより瞬間という感じです。こんなに早い地震速報は久しぶり。どうやら震源は新潟のほうらしい。そう思うと同時にガンダムが始まる。戦闘画面がでてミュージックが流れる。しかしそこで放送は一変する。いきなり画面が切り替わってニュース画面に。後にも先にもアニメがいきなり切れてニュースに切り替わるところをリアルに見たのは初めてでした。
 すぐに大きな地震だということが把握出来ました。その後はずーとテレビで地震の状況を見守りました。丁度ハードディスクレコーダーを入手した後だったので、録画出来る限り録画をし続け刻々と伝えれる情報を見続けました。
 しかし記憶は忘れられていく。その一年後には耐震偽装事件が発生。少なくとも偽装を行った当事者達は、阪神淡路大震災を見知っていたわけで、そんなことを行うとは思っても見ませんでした。新潟県中越地震も人ごとで終わってしまうのでしょうか?今、また新たな偽装事件か?と思われる情報が出てきていますが、プロはプロらしくきちんと仕事をしなければならないと改めて思います。
[`evernote` not found]
LINEで送る