目を通している建築雑誌

 友達や建築系のブログを見ていると読んでいる雑誌・本について語っているものが多いのに気づきます。今回は私が日頃読んでいる建築雑誌について。
 メインで読んでいるのは建築知識(エクスナレッジ)です。建築系について非常に雑多な情報を提供してくれます。ただし特集が結構限定的だったりするので、人によっては、あまり意味がない号もあるかもしれません(私も年3冊くらいは不要かも)。最新情報を手に入れるのも現在はインターネットがあるので不足はしないのですが、やはり本になったものは便利です。会社で定期購読しています。
 個人的に定期購読しているのは日経アーキテクチュア(日経BP)です。紙面がA4で私の本棚に入れやすいです。建築業界に入った頃、勉強のために3年契約でとっています(あとどれくらいくるのだろうか?)。業界のことがわかりやすいのと、各記事が短くまとまっているので取っつきやすかったです。写真もレイアウトもきれいです。建築知識は縦書きで日経アーキテクチュアは横書きです。どちらが良いかは人によりますが、読まないと意味がないので読みやすい方を選ぶべきです。
 あと今年定期購読を始めたのが日経ホームビルダー(日経BP)です。こちらは私が小さな建物の設計が多くなったので読み始めました。縦書きなのがうれしいです。おもに住宅に関しての情報です。工務店さんや戸建て設計・リフォームが多い方には、上2紙よりお勧めかも。結構使ってみたい技術・TIPSが多く便利に使っています。
 また定期購読ではないのですが、最近ほとんど買っているのが建築技術(建築技術)です。構造技術者向きですが、最近は耐震診断や新潟県中越地震といった身近な問題も取り扱っています。しかし内容は難しいです。専門書に書いてない内容などが紹介されてたりするので定期購読も考えています(ああ金が・・・)
 業界に入ってきたころよく読んでいたのはCAD&CG(エクスナレッジ)です。CADすら使えなかった私が、人にCADを教えられるようになったのはこの雑誌のおかげです。雑誌付録のCDROMも有用なものが多いです。
 何か良い建築雑誌があったら紹介ください。でも雑誌代は高いです。結構な出費で正直きついです・・・。
[`evernote` not found]
LINEで送る