ホールダウン金物

 ホールダウン金物とは、木造住宅で地震の時に土台(基礎)から柱が抜けるのを防ぐためにもうける金物です。現在の法律では木造2階建てでも利用が義務づけられています。しかしどこに取り付けるか?どうやって使うか?どういう効果があるか?を知らない大工や建築士が意外に多いことに驚きます。
 阪神淡路大震災の時に、土台から柱が抜けて建物が倒壊した例がたくさんありました。現行法規では、そういった教訓からホールダウン金物による補強を指定しているのです。
 一般に建物の地震に対する強度が上がれば上がるほど、大きな金物が必要になります。最近の住宅が金物だらけに見えるのは耐震性を高めた住宅にはそれなりの金物が必要だからです。
 しかしホールダウン金物は、大きくビス等をたくさん使って固定するので様々な弊害がありそうだ、とも言われています。ヒートブリッジによる結露、断面欠損による木造強度の低下などなど。最近ではホールダウン互換で繊維シートを接着材で止める工法や、ホールダウン金物を改良して小型にしたものも登場しています。
 大きな金物を使えば良いというものではないのも難しい部分。適材適所で金物は使わなければなりません。最近では告示で定められた金物は過剰になりやすいので構造計算で金物を算出する方法が徐々に浸透してきています。
 どちらにしても大工や建築士は知らない、わからないで済む問題ではないようです。
[`evernote` not found]
LINEで送る