新潟県南部地震報道を振り返って その1

 私が建築業界に入ってから、比較的大きな地震が頻発していますが、人的被害が大きく避難数も大きい地震は今回が初めてでした。そのため新聞報道、テレビ報道、週刊誌等のチェックはまめに行いました。もちろん阪神淡路大震災のときも大学生だったので報道はたくさん見ましたが立場が違うと見方もずいぶん異なってきます。
 一番気になったのがマスコミの情報提供と取材の仕方。マスコミも報道速度は重視されるのでガセネタがでてしまうのも仕方の無いことなのかもしれません。しかし出来ればもう少し情報を整理してから発表してほしいです。また地震発生時、情報が少ないのに番組を途中終了させ他局の地震速報のテロップ並の情報しか提供しなかったり、全局一斉に地震関連の情報になってしまったり。取材される側は被災者なのであんまり取材とかしてほしくないという心情はある一方、情報を知りたいと思うニーズは高いです。でもいろんな局、新聞社等が現地に乗り込んで、同じような取材をする必要性が果たしてあるのか不思議です。今回のように余震活動が活発な場合、それら投入した人間の生命の危機があるのも見逃せません。これほどの災害はそうないからこそ、今回を機に報道のやり方をもう少し考えてほしいものです。
 従来の報道とは対照的に阪神淡路大震災と異なる点がインターネット普及による情報のやりとりでした。Blogを活用した情報の交換、ホームページの情報提供等、インターネットの威力を発揮したものとなりました。一方、被災地で停電中、電話回線も使えずインターネットの復活も時間がかかった事や、被災者情報のチェーンメール、偽の募金を募る悪徳メール等、問題点も発生しました。
 携帯電話の無力化も問題でした。電波を発する基地が駄目なら携帯電話はもちろん通じませんが、災害時には一度にたくさんの人が利用するためつながりにくくなる現象は今回も発生しました。また携帯電話は通常2時間ぐらいしか通話できないため停電中は充電できないので無力化します。
 被災地は日本有数の豪雪地帯。もうすぐ冬が近いです。雪が降り始めますとさらに復旧が困難になります。できるだけ早い復旧を祈っております。
[`evernote` not found]
LINEで送る