壁をはがす瞬間

 耐震リフォームで一番緊張するのが壁をはがす瞬間です。耐震リフォームの見積では、壁内の様子を予測して最適な方法を選択するようにしています。ですから予測が外れるとえらいことになります。もっとも調査はしているので、それほど外すことはないのですが、それでも壁をはがす瞬間は緊張します。
 最近耐震リフォーム工事に入ったUさんのお宅の場合、壁をあけたとたん「やった!」と心の中で叫んでしまいました。予想よりも施工しやすい状態にあったのです。老朽化等様々な問題は抱えていますが補強もしやすいし、補強効果も上がりそうです。含水率計で木材の含水率を測定しても、かなり良い状態でした。これなら木材も長持ちしますし、多少金物をいれても木材の寿命を短くしたり破壊したりしないで済みます。
 最近の新潟地震で耐震診断や耐震補強に興味が集まっています。正しい施工をして、出来るだけ建物を頑丈に長持ちするように作りたい今日この頃です。
[`evernote` not found]
LINEで送る