FAQ

リフォーム (1)

リフォームって英語?

リフォームは、住宅の増改築や改装、修繕など幅広い意味で使われています。英語でもreformという言葉はありますが、日本語の意味と異なり、作り直す、改正するといった意味になります。最近日本でも使われるようになったリノベーションに該当する「renovation」が日本語のリフォームに近いと思われます。ちなみにリハウスも英語ではありません。またリフォームをrehomeと書くこともありますが、これも日本の造語です。

[`evernote` not found]
LINEで送る

建築全般 (1)

設計と監理って何?

よく設計料とか監理料とかの「監理」がわからないという話を聞きますが、設計も実は間違えて理解していることがあります。よく住宅の間取りなどを書いたり提案することは、建築において正式には設計とはいいません。お客様と打ち合わせし建物をデザインし、法律に適合していることをチェックし、図面を書き、家を建てるために必要な確認申請を提出するまでの仕事です。デザインや間取りを書くだけなら、建築士の資格も必要ありません。法的に責任を持って行うのが設計事務所の設計です。
一方、監理は、工事がきちんと行われるか?チェック・指導する仕事です。現場監督とは違います。図面通りに作っているか?ということで、工事を指揮監督することとは違います。お客様に変わって、きちんと工事されているかチェックすることも設計事務所の重要な仕事の1つです。

[`evernote` not found]
LINEで送る

構造設計 (2)

構造計算は誰でもできるのか?

耐震偽装事件後、構造計算を行う人について厳格に定められました。従来、建築士を持たない構造技術者でも構造計算を行なっていました。日本の建築士制度は、オールラウンドで意匠、構造、設備どれも同じ資格で大丈夫でした。また下請けなども厳しく取り締まられることがなく、無資格者への外注も行われていました。また特殊技能のため、建築士を持っていないでも優秀な技術者がいたのも確かです。

しかし法改正により、建築士資格が求められるようになり、外注も事実上不可能になりました。よって構造計算を行う者は、建築士でなければなりません。もちろん建築士の指導のもと設計補助をさせる人間が建築士である必要性はありません。

[`evernote` not found]
LINEで送る

構造設計事務所に入るには?

新卒で入る場合、ゼミなどの推薦がいいようです。ない場合は自分で探すわけですが、最近は構造事務所でもホームページを持っているところも多く採用のページもありますから、そこから問い合わせてみるのがいいでしょう。

 

[`evernote` not found]
LINEで送る

建築ソフト (1)

無料で使える建築設計のツールはありますか?

趣味でやるならともかく、プロならば、無料というだけで飛びつくのはどうか?と思います。長く仕事で使う物なのできちんと見定めて選択する必要があります。とはいえ、無料で使える有用なツールはたくさんあります。

CADならば、JWWがあります。小規模住宅を中心に幅広く使われているCADです。2次元まで対応していない、標準だと線種がイマイチ、最新のOSへの対応が不安とはいえ、これだけシェアがあるのですから、使っておいて損はないです。主力CADが他であってもインストールしている人が多いCADです。

構造計算なら、Building Editorです。RC造や鉄骨造の構造計算を行うことができます。構造計算ソフト会社が作っているフリーソフトで更新もされているため安心です。高価な構造計算ソフトに比べて機能的に少ないのは事実ですが、そのぶん扱いやすいです。

学生なら、無料で使えるものが更に増えます(もちろん期間限定ですが)。

 

[`evernote` not found]
LINEで送る

[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.