地震の単位


いろいろ出てくる単位お知らせ

 建築基準法には震度の基準はありませんが、テレビとかで見ると震度のほかにガルとかGとかカインとかいろいろ出てきて私もわかりません(きっぱり)。そこで、ちょっと調べて整理してみました。

ガル(gal)は観測点の地震の加速度

 ガルは、あの有名なガリレオガリレイから名前づけられています。単位はgal。1秒に1センチメートル毎秒(cm/s)の加速度。簡単にいうと、観測点の地震の加速度で、地震の揺れによって人や建物に作用した加速度の大きさで揺れの大きさを表しています。
 1gal=0.01m/s2
 建築基準法で使われているSI単位ではないのですが、重力加速度および、地震にかかわる振動加速度の計量に限定してgalを使用する。

※SI単位 国際単位系で現在の日本で採用されている企画。JIS規格も国際単位系準拠。

カイン(kine)は観測点の地震の大きさを速度で表す

 カインは、国際単位系の速度の単位。メートル毎秒。1メートル毎秒は1秒間に1メートルの速さと定義されている。1カイン=1センチメートル毎秒。
 1kine=0.01m/s
 単位でいえば、sが二乗になっているだけですね。ですから直接比較するわけにはいかないです。

ガルよりカインのほうが建物被害状況とあう

 では、どちらがいいのか?一般的にはカインのほうが、建物被害と一致します。どいしてもガルだと、被害との乖離が激しいイメージがあります。

震度とガル、カインとの関係

 現在の震度の算出には、震度計を利用しています。震度計は加速度計で、デジタル波形として上下、左右(東西)、前後(南北)の3方向で記録されます。そのあと数学的処理を行います。つまり初めはガルから、ということになります。しかしガルと震度の相関関係はありません。なぜなら地震動の振幅や周期、継続時間なども震度を決定づける要因だからです。そのさい、カインは出てきません。

震度とガルとの比較と目安

 直接は比較できませんが、目安はあります。
 周期1秒で600gal以上で震度7
 周期10秒で2000gal以上で震度7
 周期0.1秒で2600gal以上で震度7(wikipediaより)
 と周期によって大幅に変わってきます。気象庁のグラフをみても加速度が、震度と相関関係が薄いことは理解できます。

ガル(gal)とジー(G)は違う

 私も始め勘違いしていましたが、GALとGは違います。Gは重力加速度で、地球表面における物体に働く重力の加速度です。

1G=981Gal程度

 混同注意です・・・。

[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.